風呂釜にも経年変化が起きる~水のトラブルをしっかり解消~

段々減っていく風呂釜の水~水のトラブルは早めの対応が大事~ 段々減っていく風呂釜の水~水のトラブルは早めの対応が大事~

風呂釜で水漏れが発生する原因

浴室の風呂釜は多くの水を溜める場所であるため、しっかりとした作りになっています。しかし、長い間使用していると経年劣化によって水のトラブルが発生してしまうことも少なくありません。

風呂釜から水が漏れる原因

  • 排水口の金具部分にあるパッキンが劣化する
  • 風呂釜の上下パイプ穴にあるパッキンが劣化する
  • 水栓ホルダー部分のパッキンが劣化してしまう

水位の変化を確認すれば水漏れ箇所は簡単に特定することができます

風呂釜の水のトラブルにはいくつかの原因が考えられます。どこから水漏れしているか特定するために水位を確認しましょう。例えば、風呂釜の上のパイプ穴から水漏れしている場合はその高さまでしか水位が上がりません。このように、水位と同じ高さにある場所が水漏れ箇所です。

栓以外の場所から水漏れが発生することもあります

水漏れ

排水溝から水漏れが起きる場合ゴム水栓の劣化を真っ先に考えるかもしれませんが、外からは見えない金具部分のパッキンが劣化することもあります。排水溝金具のパッキンを交換するには大がかりな作業が必要で費用がかかりますが、この部分の水漏れは深刻なのできちんと修理することが大切です。

風呂釜で発生した水のトラブルを解決するには、水道会社や水漏れ業者に修理を依頼する必要があります。施工時には多額の資金が必要になることが多いので、修理を依頼する際は事前に施工費用を確認しておきましょう。

水漏れ箇所を調べる方法

風呂釜から水が漏れてしまっている場合は、どこに水漏れが発生しているのかを調べる必要があります。まずはここで水漏れ箇所の調べ方を学んでおきましょう。

水漏れ検査の手順

風呂

まずは水漏れ箇所を調べるために、浴槽に水を入れてください。その後、浮きを浮かべます。水漏れがあるとそこへ向かって水が流れていくため流れに乗って浮きも動いていきます。浮きがどこへ動いていくか、水位はどこで止まるかを観察しましょう。

浮きと水面の変化で水漏れ箇所を特定

浮きが壁に移動し、水の減りが止まる場合
浮きが壁に移動するようなら、浴槽自体にひび割れなどの損傷があると考えられます。水位が止まった高さで浮きが移動した場所付近に水漏れ箇所があるはずなので確認してみましょう。
排水口近くに浮きが移動、風呂釜に水が残らない場合
排水栓やゴム栓に問題があると水を溜めることができません。排水栓やゴム栓に劣化がないか確認してください。新しいものに交換することで水のトラブルが改善されるはずです。
給湯器と風呂釜の接続箇所に浮きが移動する場合
この場合、給水器と風呂釜の接続箇所に問題が起きている可能性があります。排水パイプなどが劣化していないか確認しましょう。問題箇所を特定したら新しい部品に交換してください。

風呂釜の水漏れ原因を調べるのはとても簡単なので、水漏れが発生した際はまず自分で調査を行なってみましょう。

TOPボタン